HP作成のためには、もともとはツールやアプリケーションは不要でした。もしあなたがWindowsユーザーであれば、「メモ帳」にHTMLなどのタグを書いていけば、あとはサーバーをなんとかするだけでウェブページはできてしまいます。まずはHTMLの基本的なタグをいくつか覚え、それらを組み合わせ、明確なアイディアのもとに展開すれば、立派なウェブサイトができ上がります。あなたが関心を持って眺めているウェブサイトがあれば、ブラウザの機能を利用してソースを表示すれば、そのサイトがどのようにでき上がっているか、かなり理解できるはずです。

とはいえサイト作成ソフトには便利なものがあります。なかにはHTMLの理解なしにサイトができてしまうものもあります。しかしそのようなサイト作成ソフトには限界もあります。それは開発者の想定した範囲内のウェブサイトしかできないということです。HP作成とは優れて創造的な営みですから、このような制限は望ましくありません。したがってよりよい表現のためにはこのようなサイト作成ソフトは避けた方がよいでしょう。

今日主流になっているシリウスの特典といったサイト作成ソフトは、編集機能が強力になっています。この場合むしろサイト作成ツールと呼んだ方がいいかもしれません。作成した画像やイラスト・動画などを管理する、HTMLやCSSのファイルを管理する、アップロードを容易にする、などに力を発揮します。HP作成にあたっては、HTMLやCSSの記述に細心の注意を払えるよう集中し、周辺業務はサイト作成ツールに任せてしまう、というのが要領というものです。サイト作成ツールは各社が様々な製品を販売していますが、しばらくはこのトレンドが続いていくものと考えられます。

ただし物販サイトを運営する個人向けに、新しい機能を備えたサイト作成ツールが生まれていることも確かです。例えばSEOが効率的に行えるよう、運営者は用意されたテンプレートに沿って作成していけばよい、というものです。デザインやオリジナリティより、物販サイトで稼ぐことを第一の目的としている向きには、まだ不十分とはいえ今後発展していった場合面白い存在になるはずです。